買取業者に売るという考えもアリ

マンションを手放そうかと思っているときに、
買取と仲介のどちらを選択すべきかというと、高く売りたいと考えるなら仲介です。
買取を選択した場合は買取よりも安い値段で手放さざるを得なくなるでしょう。
買取の場合には評価されない点が仲介においてはプラスになることも多いです。
特にマンションを売却する際は、買取を選択した場合評価が非常に低く、
手数料こそ無いですが、仲介よりもガクンと金額は下がるでしょう。

損傷のあるマンションでも査定は申し込めますが、査定金額はまず低くなってしまいます。
ですが、そういったマンションであるということを隠していても
専門家である査定員には分かるのでマイナスのイメージになります。

ダメージが大きすぎる場合には、買取業者の中でも
専門のマンションの買取業者に査定してもらうと良いかもしれません。
その方がより高い査定金額を提示してくれることも少なくありません。
買取を依頼してこちらに招いた場合でも、
必ずしもマンションの売買契約を結ぶ必要はないのです。
買取の価格に不満があれば断ることも可能です。
マンション買取業者の中には、売買成立まで居座ったり、
訪問費用や査定費用などの支払を求めるところもあるので、注意しましょう。
あらかじめ口コミを確認してから訪問買取を依頼するといいでしょう。